💎歯列矯正治療法の比較【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-1  ホーメスト新宿ビル 5F
TEL03-6457-8199
   
WEB予約 Instagram
ヘッダー画像

ブログ

💎歯列矯正治療法の比較【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

💎歯列矯正治療法の比較【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】

こんにちは。

新宿三丁目駅徒歩2分 サファイアデンタルクリニック 受付担当です。

本日は矯正治療をより歯列矯正治療の種類やそれぞれの方法の比較についてご紹介します。

矯正治療法の比較

矯正治療は、歯列を調整して美しい笑顔や噛み合わせを実現するための方法です。さまざまな治療法が存在し、それぞれに独自の特徴があります。

ブラケット(ワイヤー)矯正治療

ブラケット矯正治療は、金属製やセラミック製のブラケットを歯に取り付け、ワイヤーで繋いで歯を移動させる方法です。

ブラケット矯正には歯の表面に装置を装着するラビアル矯正治療と、歯の裏側(舌側)に装置を装着するリンガル矯正があります。

ラビアル矯正は、歯列矯正装置を歯の表側に装着する方法で、一般的に知られているスタンダードな治療方法です。

リンガル矯正治療は、歯列矯正装置を歯の裏側に装着する方法で、外見上は装置が見えません。メリットとしては、外見的な影響が少ないことや、ブラケット装置による内側への刺激がないことが挙げられますが、ラビアル矯正治療よりも適用範囲が限られており、装置のコストが高いことがデメリットとして挙げられます。

 マウスピース矯正

透明なマウスピースを使用した矯正治療は、透明なプラスチックのマウスピースを装着し、時間と共に歯を移動させる方法です。軽度から中程度の歯並びの問題にのみ有効であり、重度の矯正が必要な場合には適していない場合があります。

口腔筋機能療法(MFT)

口腔筋機能療法は、食事や特定の筋肉のトレーニング、習慣の変化など、歯並びに関係する舌、唇、頬などの口腔周囲筋を正しく機能させる方法です。

それぞれのメリット・デメリット

ブラケット(ワイヤー)矯正治療

メリット

  1. 効果的な歯の移動:複雑な歯並びの問題や噛み合わせの調整に非常に効果的です。歯を正しい位置へ動かし、歯列の修正や噛み合わせの改善が可能です。

  2. 確実性と予測可能性:歯科医が治療プランを事前に詳細に計画し、装置が常に歯に取り付けられているため、治療の進行状況を予測しやすく、確実な結果が期待できます。

  3. 適用範囲の広さ:重度の歯並びの問題や噛み合わせの異常にも対応できるので、様々な症例に適用できます。

デメリット

  1. 見た目の影響:金属製のブラケットやワイヤーを使用するため目立ちます。

  2. 不快感や口内への影響:初期の装置の装着時や調整時に、歯茎や口内に一時的な違和感や痛みが生じることがあります。また、ブラケットやワイヤーが口の中で引っかかったり、口内に摩擦を引き起こすこともあります。

  3. 食事制限と口腔ケアの増加:食事中や食後の歯磨きなど、食事制限や口腔ケアに時間と注意が必要になります。また、歯ブラシやフロスでのケアがより入念に求められます。

マウスピース矯正

メリット

  1. 外見の目立たなさ:マウスピースは透明で目立ちにくいため、外見上の違和感が少ないです。

  2. 装置の取り外しが可能:食事や歯磨きの際に取り外すことができるため、通常の生活や食事に支障をきたしません。

  3. 口内への影響が少ない:マウスピースは滑らかで、口内への違和感が少ないです。ブラケットやワイヤーがないため、口内の損傷や痛みが減少します。

  4. 比較的簡単なケア:マウスピースを取り外して磨くことができるため、歯並びの矯正と同時に歯のケアも容易です。

デメリット

  1. 効果の限界:一部の歯の移動には適していますが、重度の歯並びの問題や噛み合わせの矯正には限界があります。矯正可能な範囲がブラケット矯正よりも狭い場合があります。

  2. 着脱に伴う治療期間の延長:マウスピースを装着していない時間が長くなると、治療効果に影響が出る場合があるため、定期的な装着が重要です。

  3. 適切な装着が求められる:歯科医の指示通りに装着しなければ、治療の効果が得られないことがあります。定期的なチェックが重要です。

口腔筋機能療法(MFT)

メリット

  1. 自然な治療法:口腔筋機能療法は、外科的な介入を必要とせず、自然な方法で口腔筋を調整する治療法です。外科手術や装置を使用しないため、副作用のリスクが低いです。

  2. 幅広い問題への適用:訓練を通して口腔筋のバランスを整えることで、咀嚼、発音、呼吸の問題を改善することができます。口腔内の機能や姿勢に影響を与える様々な問題に対応可能です。

  3. 継続的なケアと改善:口腔筋機能療法は、患者にとって長期的なケアが必要な治療法です。しかし、定期的な訓練とアドバイスにより、持続的な改善が見込めます。

  4. 痛みや不快感の少なさ:一般的には口腔筋機能療法自体が痛みを伴うことは少なく、患者にとってストレスが少ない場合が多いです。

デメリット

  1. 時間とコミットメントが必要:長期間にわたる定期的な訓練や指導が必要であり、患者様のコミットメントが求められます。

  2. 治療の限界:重度の矯正が必要な場合や、歯の位置や骨格構造に関連した問題に対しては、他の矯正治療法がより適している場合があります。

  3. 保険適用の制限:一部の保険ではカバーされない場合があります。

  4. 治療効果への個人差:治療効果には個人差があります。人によっては期待された効果が得られない場合もあります。

まとめ

これらの矯正治療法は、それぞれにメリットとデメリットがあります。歯の状態や治療期間、患者の希望によって最適な治療法を選択することが重要です。歯科医との相談や詳細な診断を受けることで、最良の選択肢を見つけることができるでしょう。

🌟サファイアデンタルクリニックでは現在マウスピース矯正の無料カウンセリングを行っております。

気になった方はお気軽に当院までお問い合わせください。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

https://g.co/kgs/NAtYzx

ご予約について

ご予約はお電話、ネット予約にてお受けしております。当日予約も可能です。

📱⇒https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=6254

💻⇒https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=6254

📞⇒tel:03-6457-8199

ページTOPへ戻る