ホワイトニング|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-1  ホーメスト新宿ビル 5F
TEL03-6457-8199
   
WEB予約 Instagram
ヘッダー画像

ホワイトニング

ホワイトニング|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯を白くすることで美しくなるための審美歯科の代表的な施術です。
専用の薬剤を使用し飲食や喫煙にによる歯内部の着色を除去し、歯そのものの色を明るくすることができます。

虫歯や歯周病があるとホワイトニングが難しいので、まずは口腔内の衛生状況の改善が必要となります。
また、神経が無い歯を白くする場合は根の治療を行う必要があります。
そうすることで、ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯が白くなりやすくなります。

当院のホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で行えるホームホワイトニング、この2つを併用するデュアルホワイトニングがあります。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯を今よりも白くしたい
  • 歯の黄ばみが気になる
  • 成人式や結婚式などイベント前に歯を白くきれいにしたい
  • 歯の色が気になり口を開けて思いっきり笑えない
  • 人と接するときに自信が持てない

白く美しい歯は、周囲の人たちに好印象を与えるだけでなくご自身の自信にもつながります。
歯科が提供するホワイトニング治療で、憧れの白い歯を手に入れることが可能です。お気軽にお問合せください。

ホワイトニング詳細ページはこちら

セルフホワイトニングサロンと歯科医院での処置の違い

セルフホワイトニングサロンはその名の通りにお客様が店員から説明を受け、ご自身でホワイトニング行うサロンです。歯科医院で行うホワイトニングの薬剤は医薬品を使用するため法律で歯科医師もしくは歯科衛生士以外は行うことができません。また患者様の口腔内を無資格者が触ることはできないため、患者様(サロンだとお客様)自ら歯面清掃、薬剤塗布、ライトの照射、仕上げ磨きなどを行う必要があります。

施術の部分をご本人自らが行うことで、人件費を抑えることで費用を安くできるというメリットを宣伝しているようです。

歯科医院で行うホワイトニングは特別な強い薬剤を使用し「歯の色素を漂白する」処置のため、歯科医師の診断が必要となります。つまりホワイトニングサロンでは、歯科医師の診断が必要のない材料を使用します。

セルフホワイトニングは、コーヒーや赤ワイン、お茶、タバコなどを日常的に摂取する方には向いています。食べ物や飲み物による着色が原因で歯が黒ずんでいる・黄ばんでいる場合には効果を発揮します。

歯そのものの色には効果がなく歯そのものの色が黒ずんでいたり、黄ばんでいる場合、セルフホワイトニングで歯を白くすることはできませんのでセルフホワイトニングを行っても効果は感じられないでしょう。

医療機関でないホワイトニングサロンや市販品で使用できるホワイトニング剤は、重曹やポリリン酸、炭酸カルシウムなど資格がなくても扱うことができ「知識がなくても扱えるほど安全なもの」ということです。着色など身体に影響を与えない簡単な汚れは落とすことはできますが、歯そのものの色を変えるというリスクの高い行為は行えません。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院にて施術を受けます。当院ではUVライトやLEDを使用しない、しみにくいホワイトニングを行っております。

こんな方におすすめです

  • 痛みをほとんど感じることなく歯を白くしたい
  • 歯の表面を削らずにキレイな歯にしたい
  • 短期間で歯を白くしたい

メリット

  • 1回の効果が高いホワイトニングができる
  • 2回以上行うことで、より高い効果が期待できる
  • 歯科医院のみで行う専門的な施術

デメリット

  • 1回につき1~1.5時間ほど必要
  • 白さを保つ期間が短い
  • 1回のみの施術だと色戻りしやすい
  • 費用が高め

施術の様子

ホームホワイトニング

歯科医院で指導、処方された薬剤を使って自宅でホワイトニングする方法です。歯型をとり、薬剤を塗布するときに使用するマウスピースを作製し、決められた工程をご自宅で行っていただきます。

こんな方におすすめです

  • 手軽に歯を白くしたい方
  • 痛みをほとんど感じることなく歯を白くしたい
  • 忙しくて歯科に通う時間が取れない

メリット

  • ご自身のペースで手軽にホワイトニングができる
  • ホワイトニング効果が長期間持続する
  • 費用を抑えることができる

デメリット

  • 歯が白くなるまでに時間を要する
  • 1日2時間、2週間程度継続する必要がある(毎日時間を取られてしまう)

デュアルホワイトニング

2つを併用することで、短期間でのホワイトニングが期待できます。ケアが行き届きやすいので、効果が長持ちしやすいです。

こんな方におすすめです

  • せっかくホワイトニングをするならとことん白くしたい
  • 白さを長く維持したい

メリット

  • 短期間でホワイトニング効果を実感できる
  • ホワイトニング効果が長期間持続する
  • ホワイトニング後の色戻りが起きにくい

デメリット

  • 費用が高く設定されている
  • 知覚過敏が起きやすい

ウォーキングブリーチ

根管治療を行った前歯の色味が気になる場合(被せものが入っていない歯のみ)
歯の裏側より穴をあけて、歯の内側に漂白剤を入れて1週間ほどかけて徐々に色を抜いていきます。

メリット

  • 残っている歯を大きく削らずに歯の明るさを明るくできる
  • 痛みがでにくい
  • 1本のみの処置が可能

デメリット

  • 色味の変化は個人差が大きい
  • 数回行う必要がある
  • 被せもののような色味にはならない
  • 中断してしまうと歯の破折リスクが上がる

ホワイトニングが受けられない方

  • 妊娠中の方、授乳中の方(胎児、乳幼児への安全性が確認されていないため)
  • 虫歯や歯周病がある方
  • 14歳未満の子ども(歯の成長に影響を及ぼすことがあるため)
  • 無カタラーゼ症(ホワイトニングの主要薬剤である過酸化水素を、分解して無毒化する酵素⦅カタラーゼ⦆が先天的に欠損している遺伝性疾患)の方

ホワイトニングの注意事項・副作用

  • 施術中や施術後に歯がしみることがあります。一時的な知覚過敏の状態となっているもので、徐々におさまります。
  • お茶やコーヒーなどを飲用していると、ホワイトニングされても着色することがあります。こまめに口をゆすいだり、歯磨きをしたりすることで、白さの持続につながります。
  • 人工歯(差し歯、詰物など)を白くする効果はありません。
ページTOPへ戻る