💎知覚過敏【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-1  ホーメスト新宿ビル 5F
TEL03-6457-8199
   
WEB予約 Instagram
ヘッダー画像

ブログ

💎知覚過敏【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】|サファイアデンタルクリニック|新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の歯医者・歯科

💎知覚過敏【新宿三丁目駅徒歩2分の歯科】

知覚過敏とは

「知覚過敏」とは、虫歯ではないのに冷たい飲食物を食べた時・歯ブラシの毛先が当たった時・冷たい風にあたった時などに歯がキーンとしみる症状のことです。

実際には歯の根元がしみているケースが多いですが、歯の表面や全体がしみるように感じることが多いです。

 

知覚過敏の原因

①強すぎる歯磨き

強い力でゴシゴシ磨くとエナメル質が傷つき、歯が削れてしまいます。

エナメル質は本来とても固いのですが、毎日の積み重ねによって傷つき、削れる可能性が高いです。

エナメル質が削れて歯の内側にある象牙質がむき出しになると、しみる・痛みが出るなどの知覚過敏の症状が出てきます。

②研磨剤配合の歯みがき粉の長期使用

市販されている歯磨き粉のほとんどは、歯の表面をきれいにする研磨剤が含まれています。

普通に使用する分には問題ありませんが、長期間大量の歯磨き粉をつけて歯磨きを行うことでエナメル質を傷つけてしまうことがあります。

③噛み合わせが悪い

エナメル質が傷つく原因には噛み合わせが悪いことも関係している可能性があります。部分的に負担がかかることにより、歯肉が上がり、象牙質が露出します。

④歯ぎしりをする

歯ぎしりの原因は「不安」「疲労」「ストレス」など様々です。歯ぎしりをすることで、直接歯のエナメル質をこすり合わせるため、エナメル質が削れたり、割れる大きな原因となるのです。

さらに歯ぎしりは歯の周辺組織全体に強い力が加わるため、エナメル質が削れるだけでなく、歯を支えている骨までも破壊することがあります。歯周病の原因になったり、症状を悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

⑤歯が溶ける(酸蝕歯)

歯は虫歯から守るためにエナメル質に覆われていますが、酸によってこのエナメル質が溶かされることがあります。

すっぱい食べ物や飲み物を頻繁に長時間摂取するようなことが多々あると、エナメル質が溶けてしまい、知覚過敏になってしまう場合があります。(これを酸蝕症と呼んでいます。)

酸蝕歯にならないためには、口の中を中性に保ち、歯を傷つけないことを心掛けることが大切です。

 

ご予約について

ご予約はお電話、ネット予約にてお受けしております。当日予約も可能です。

📱⇒https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=6254

💻⇒https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=6254

📞⇒tel:03-6457-8199

ページTOPへ戻る